PDF JPG
本書有DRM加密保護,需使用HyRead閱讀軟體開啟
  • 台灣光華雜誌 [第46卷 第9期]:新閱讀生命力
  • 點閱:14
  • 並列題名:Taiwan panorama
  • 作者: 陳亮君總編輯
  • 出版社:光華畫報雜誌社
  • 出版年:2021.09
  • 格式:PDF,JPG
  • 附註:中日對照 日本語版 月刊 第31卷第10號起ISSN改為1991-5268
租期7天 今日租書可閱讀至2022-02-05

【表紙説明】
時代に合わせて再オープンした中央書局は、知識への扉を大きく開いて人々の来訪を待っている。(中央書局提供)

【台湾の出版業】
電子書籍が主流になりつつある中、台湾の出版業界では興味深い現象が起きている。「財政部営利事業社数および営業額統計資料」を見ると、2019年の出版業の売上は約513億元で、2015年の502億元から2.2%成長、前年の2018年の459.6億元と比べると11.6%成長している。これは、出版業全体は衰退するどころか、安定的に成長していることを示している。

そのうち「雑誌」の売上は2019年は167.9億元で9.69%成長、「書籍」の売上は190.7億元で1.19%成長だったが、「デジタル出版(デジタル雑誌、電子書籍など)」の売上は6.1億元で「出版産業全体」の1.2%しか占めていない。これは台湾人が、今も紙に印刷した活字を読む習慣を保っていることを意味している。
輸出を見ると、2019年の正体字書籍の輸出額は9917万元で16.38%成長。内訳は香港が9.1%減の3362万米ドル、中国が7.6%増の3077万米ドル、米国が13.36%減の1038万米ドル、ASEAN諸国が26.67%増の1553万米ドル、日本が18.0%増の407万米ドルだった。米国は減少したが、東南アジアや日本などの華人が今も台湾の出版物に興味を持っていることがうかがえる。
また、国家図書館による「2020年台湾閲読風貌および全民閲読力年度報告」によると、コロナ禍の2020年でも図書貸出冊数は前年比1.41%減の8015万冊で、全国の図書館利用登録件数は1839万件で前年比8.88%の成長だった。紙の本の閲覧数は前年とほぼ変わらず、電子書籍の閲覧数は42.35%成長して363万冊に達した。コロナの期間中、普段は本を読まない人が電子書籍を借りていたと思われる。
紙の本であれデジタルであれ、ひとつのメディアが広告と購読料だけで存続するのは容易ではない。特にデジタルメディアは大量の閲覧量を必要とするため相当量のコンテンツがなければならず、従来の紙の本より原価がかかる。そのため独自のブランド価値を構築することが重要となる。近年は発行部数は多くないが内容やデザイン面で高い質を維持する雑誌が増えていることからも、この現状がうかがえる。
オンラインの読者がSNSでさまざまな文章を読む行為とは異なり、紙の雑誌の読者はわざわざ開いて読むのだからオンラインの読者よりブランド意識が高い。私たちはリアルな世界に生きており、リアルなもの(カフェや書店の陳列など)は目に入りやすい。将来的にデジタルで本を読むことが主流になったとしても、実体ある雑誌は現在の黒いレコードのように、人々の趣味やセンスの象徴となるだろう。
では、どのように内容の深い魅力的な雑誌を作ればいいのだろう。将来の複合型の読書形態(ネット、紙、空間、映像、音声など)に、どう対応すればいいのか。マーケチング面では、どのように知的財産(IP)を活かしてイベントや映像化、周辺商品を生み出すか。——『光華』今月号のカバーストーリーに、何らかのヒントが見出せるかも知れない。

台灣光華雜誌簡介
台灣光華,世界光華
「台灣光華畫報雜誌社」(原光華雜誌)於民國六十五年創刊,目前台灣光華雜誌月刊以中英對照紙本及中日對照網路版向全球一百餘個國家及地區發行,包括全美一百多家書店同步販售,訂閱對象含括學術機構、藝術文化、貿易經理人、台商、華僑、關心台灣的國際經貿組織及外籍人士。
 
中華民國台灣長期推動南向政策,東南亞不僅是台灣的鄰邦,更是重要的貿易夥伴。為增進東南亞國家對台灣的了解,也讓更多讀者知道東南亞人士在台灣生活的各種面向,於104年12月創刊《光華》東南亞三語文版(印尼文、泰文、越南文)。東南亞三語文版刊物以雙月刊方式發行,定期出版且均已數位化,建置於《光華》官網。

 
核心價值——呈現台灣蓬勃生命力
「台灣光華雜誌」每月以多元化報導及雋永圖文呈現台灣發展脈動,見證台灣政治、經濟、社會、文化的變遷。多年來以讀者最關心的話題,深入採訪報導,並以中英、中日雙語對照呈現,因而獲得「兩岸新聞報導獎」、「優良政府出版品獎」及「星雲真善美新聞傳播獎」等獎項之肯定。
 
集結叢書——累積豐富多元資料
繼「光華」第一本叢書——「面對當代人物」於民國七十三年推出後,市場反應熱烈,開啟國內雜誌界將報導系列內容集結成書風氣之先河,至今「台灣光華叢書」已輯印三十餘種,包括:「國際漢學與漢學家」、「台灣原住民文化」、「台灣特稀有生物」、「擁抱臺灣—百張圖片看現代臺灣」、「台灣民俗筆記」、「台灣好滋味」等叢書,可謂每本「台灣光華叢書」都是台灣不同面向的縮影。
 
數位整合——推動多元行銷
近年來,「台灣光華雜誌」與國內外媒體合作,進行跨界聯盟,除與知名電台合作單元專訪外,亦與多家網路平台合作發行「台灣光華電子報」及「台灣光華電子雜誌」。此外,更結合數位化科技,將累積三百期、數千萬文字之內容建立數位化資料庫系統,以多種檢索功能提升讀者閱讀及研究之服務。美國多所著名大學、國內中研院、國家圖書館、各地文化局圖書館等均為訂戶,並登上國家圖書館電子資料庫使用率排行榜。 「台灣光華雜誌」希望把台灣最真實訊息傳達給每一位讀者,不論是在國內,或是海外,讓每一個瞭解台灣的人更愛台灣,不知道台灣的人也能從這本雜誌中認識台灣、支持台灣。
  • 來自地方的明信片 故郷からの絵葉書(第1頁)
    • 藍腹鷴現蹤(第1頁)
  • 編者的話 ひとこと(第2頁)
    • 出版產業在台灣(第2頁)
  • 封面故事 カバーストーリー(第6頁)
    • 新‧閱讀生命力(第7頁)
    • 中央書局回來了!銘記歷史的思想基地(第8頁)
    • 我們在台灣做出版 專訪出版人初安民、胡金倫(第16頁)
    • 閱讀台灣歷史地層 《亮光的起點》、《成為真正的人》(第27頁)
    • 給IP翅膀,讓創作起飛 台灣內容產業推手──奇異果文創(第38頁)
    • 泛閱讀世代 捲動華文閱讀風潮(第48頁)
  • 月月好讀 Variety Pages(第62頁)
  • 影像對話 フォトエッセイ(第68頁)
    • 從影像解構到歷史檔案再述 〈TAKTH AWAY〉(第68頁)
  • 全球視野 グローバル・アウトルック(第78頁)
    • 讓移工的明天更好 移動人權特展(第78頁)
  • 島嶼行旅 台湾をめぐる(第86頁)
    • 深入鄉野.尋小米去 小米復耕的挑戰(第86頁)
  • 產業新創 産業イノベーション(第98頁)
    • 用利他光耀生命 社會企業種子在台開花結果(第98頁)
    • 全台最大年輕人社群平台 Dcard 讓每個人都有機會找到共鳴(第108頁)
  • 多元族群 コミュニティ(第116頁)
    • 江湖在走,法律要懂 法律白話文運動(第116頁)
紙本書 NT$ 150
單本電子書
NT$ 120

點數租閱 15點
租期7天
今日租書可閱讀至2022-02-05
訂閱雜誌
同分類熱門書
還沒安裝 HyRead 3 嗎?馬上免費安裝~
QR Code